秋田犬

秋田犬の特徴

秋田犬はよく「あきたけん」と呼ばれますが、正式には「あきたいぬ」というのが正解です。
秋田犬の特徴は大型の体を持ち、三角の立ち耳と丸まった尻尾を持つというものです。
純粋なものだとこの尻尾の巻きが強くなり、雑種になると垂れ下がることが多くなる傾向にあります。

毛の色はいろいろタイプがありますが、一般的なイメージとして強いのは茶色でしょう。
中には黒が混じるものもあります。
一目で秋田犬と分かる特徴を持っていて、日本で生まれた品種としては世界的に有名で人気があります。

性格的な特徴としては、とても従順で訓練によく答え応じるという点が挙げられます。
飼い主には従順ですが、他の犬や見知らぬ人には警戒心が強いため、家庭の犬として、また番犬としてとても適しているということもあり、とても人気があります。
個体によってはマイペースが強く自分の好きなことを優先する傾向もありますが、幼犬のころからしっかりとしつけをすればとてもおとなしく従順に育ちますので、飼いやすい犬だと言えるでしょう。

秋田犬の歴史

秋田犬は、もともとマタギ犬として育ってきたという歴史があります。
マタギとは秋田を中心とする東北地方の猟師のことで、厳しい環境の中、ウサギなどの小動物だけでなくクマなどの大きく獰猛な動物にも立ち向かうための猟犬として訓練されてきました。

そのような歴史がありますので、全体的に飼い主には従順でしつけにすぐに順応するものの、他の動物に対しては闘争精神が強いという特徴を持つようになっています。
また、寒さにも強く、ある程度きつい環境であってもへこたれることなく生き続けられるので、家の中で大事に育てるだけではなく、外犬として家の番をするにも適していると言えるでしょう。

海外人気が高い秋田犬

秋田犬は日本生まれの犬種ですが、その人気は海外でとても高く、世界中で多くの人に愛されています。
秋田犬の個体数の統計を見ると、日本国内で飼育されている数よりも、外国で飼われている数の方がはるかに多いことからも、その人気の高さがうかがい知れるでしょう。

海外での人気に火を付けたのは、秋田犬をメインとした映画である「ハチ」の役割がとても大きいと考えられています。
その主人への忠実さや健気さには世界中の人が心を打たれたのでしょう。
ペットとして飼いやすく、飼い主の心を癒してくれるという秋田犬ならではの特徴がとても高く評価されています。

様々な国で飼育、繁殖が進んでいる秋田犬の人気は衰えることなく、さらにより多くの人に愛され続けていくことでしょう。
日本生まれの犬が世界中でこれほど愛されているということは、とても素晴らしいことではありませんか?