甲斐犬

虎毛が大きな特徴の甲斐犬

日本固有の犬種の一つに甲斐犬がいます。
秋田犬や柴犬のようには有名でなく、ペットとして飼っている人もそれほど多くはありませんが、日本で生まれた犬としてとてもユニークな特徴があります。

その大きな特徴の一つが、甲斐犬のほとんどが虎毛であるということです。
細かく分けると、通常の虎に加えて、赤虎毛、黒虎毛がいて、どのタイプも犬の力強さを感じさせる毛色となっています。
また、スピッツ系統から生まれたとされていますので、チャウチャウのように舌が紫もしくは黒っぽくなっている個体が多くいるのも特徴となっています。

体高はメスは45センチ程度、オスは50センチ程度で、体重は18キロほどになることもあります。
体型は主に二種類に分類されていて、全体的にずんぐりがっしりした雰囲気のあるイノシシ型、そして足がすらっとしていてスマートな印象を与えるシカ型がいます。
このように、甲斐犬は毛色や体型などにいろいろな種類があり、かなりのタイプ分けができます。
そのため、甲斐犬を管理する協会が細かく分類して血統書を発行しているという状況が見られます。

甲斐犬のルーツは猟犬

甲斐犬は、その名前からも分かるように、山梨県の山間部に位置する甲斐エリアで誕生したとされています。
もともとは猟師によって飼われていた猟犬が他の犬と交配して出来上がったという歴史があり、甲斐犬の特徴もこうした歴史に大きく影響されています。

つまり、猟犬として育ってきたため、とても闘争本能が強く、気性が荒い傾向にあります。
見知らぬ人や犬に攻撃的になることもあるため、あまりこうしたタイプの犬を飼ったことがない人には向かないでしょう。
しっかりと管理をしないと思わぬアクシデントを引き起こす可能性もあるからです。
一方で、飼い主にはとても従順で甘えたがるという傾向もあり、この二面性とも言える性格が愛好家にはたまらない要素となっていると言えるでしょう。

甲斐犬はそれほど外国では知られていない

秋田犬を始めとする日本固有の犬種は全体的に海外でも人気が高く、地域によってはとても高値で売られています。
しかし、甲斐犬は輸出が抑えられてきたという歴史もあって、あまり海外では知られていません。

やはり、猟犬としての血が濃いため、その気性は荒く万人向けではないという点が大きく影響していると言えます。
輸入を受け入れている国はまだまだ少ないものの、猟犬としての特徴を好意的に見る人たちから注目されているため、徐々にその知名度が上がってきているのも事実です。
これから甲斐犬の特徴が広く知られるにつれて、日本だけでなく海外でもその人気が高まって、多くの人に愛されることが期待されています。