ノミアレルギー性皮膚炎

ノミに対するアレルギー

ノミに対するアレルギーによって皮膚に痒みや炎症の引き起こる病気です。
昔は夏に多い病気でしたが、最近では暖房器具の発展によって冬でも暖かくノミが発生するために、1年中症状の出る犬もいます。
体をかゆがったりしますので、慢性化すると毛が抜けたりもします。

ノミアレルギー性皮膚炎の原因

犬の皮膚上に付着したノミの体液やフンや唾液に反応することによって引き起こされます。
アレルギーの一種であり、ノミに刺されることで発症する場合もあります。
アトピー体質の犬や食べ物のアレルギーのある犬は、ノミアレルギー性皮膚炎を発症しやすい傾向にあります。
また一度発症すると再発しやすくなり、一生のうちで何度もノミアレルギー性皮膚炎になる犬もいます。
アレルギーが酷い犬では、寄生するノミの数が少なくても症状が出ます。

ノミアレルギー性皮膚炎の症状

ペットの抜け毛腰からしっぽにノミが寄生しやすいので、その部分に発疹や蕁麻疹が出来てかゆがります。
体を掻きむしったり、噛んで皮膚を傷つけたり、毛が抜けたりします。
痒みが酷いと眠れないほどかゆがる犬もいます。
慢性化すると毛が抜けて、皮膚が黒くなり、皮膚が厚くなります。

また、皮膚を掻いたり噛んだりして自ら皮膚を傷つけることもありますので、そこから細菌感染して感染症になったり、皮膚を更に悪化させることもあります。
また皮膚炎になってもその場所からノミが見つかることは少なく、ノミが原因だと突止めにくいです。

一度発症すると、治すににはとても時間がかかります。
毛が抜けてしまうと、毛が生えて元に戻るまでには何ヶ月もかかります。
日頃からノミを駆除するようにして、掃除してノミがいないような清潔な環境にしてあげましょう。

治療と予防

皮膚の痒みや炎症を治すと共に、原因となっているノミを駆除することを行います。
ノミは卵を産んでそれが孵化してさなぎになって成長するので、室内の卵やさなぎや幼虫も駆除する必要があります。

ノミの駆除は掃除機で部屋の隅隅まで綺麗にして、ゴミをゴミ袋に入れて処分します。
犬や猫を他にも飼っている場合には、それらの犬猫にもノミが寄生している場合がありますので、ノミの駆除と予防を行います。
ノミ駆除の薬剤を使ったり、幼虫やさなぎの成長を阻害する薬を使うとノミに寄生されにくくなります。

予防としては、ノミの予防と駆除薬を定期的に犬に散布してあげることです。
これらの薬はノミを駆除するのみならず、ノミの卵や幼虫やさなぎにも効果がある薬がありますので、そちらを使った方が効率よくノミを駆除できます。
またこのような薬には効果のある期間が決まっていますので。効果が切れそうになったら新しく散布しましょう。