犬ジステンパーウイルス感染症

ウイルスが原因の病気

犬ジステンパーウイルスに感染することによって引き起こされる病気であり、鼻水や食欲不振、発熱、呼吸器症状や嘔吐や下痢といった症状が起こります。
免疫が十分で無い場合には神経系にまでウイルスが広がります。
急激に症状が広がった場合には、命に関わりますので注意しましょう。
病気が回復しても、後遺症が残ることもあります。

犬ジステンパーウイルス感染症の原因

犬ジステンパーウイルスに感染することで引き起こる病気であり、感染している犬のくしゃみ咳でウイルスが飛散して吸い込む場合や、感染して犬の鼻水や唾液、尿や便に接触して感染します。
とくに、1歳未満の犬でワクチンを接種していない犬が発症しやすいです。
また高齢の犬で免疫力が低下している場合も発症することがあります。
鼻や喉からウイルスを吸い込むことのよって発症しますので、ウイルスと接触する機会があると発症します。

犬ジステンパーウイルス感染症の症状

ウィルスのイラストワクチンを接種していて免疫がある犬は軽い呼吸器症状で済みます。
しかし免疫の低い犬やワクチン接種をしていない犬なら、発熱や食欲不振という症状が表れて、次に嘔吐や下痢、さらに二次感染で肺炎を引き起こす場合もあります。
さらに症状が進行すると、神経系にまでウイルスが達し、呼吸器系や消化器系の症状と運動失調などの神経系の症状が表れます。
また同時に、網膜剥離や失明や皮膚炎などの症状も発症することもあります。

治療と予防

この病気に対する有効な治療薬はありませんので、ワクチン接種で予防するのが一番の対策です。
また、二次感染で他の病気も誘発しますので、抗生物質を使って他の病気の進行を抑えることも行います。
同時に他の犬に感染するのを防ぐために、一時的に発症した犬は隔離されます。

予防方法としては、ワクチン接種が一番有効です。
子犬で新しく家で飼う場合には、適切な回数のワクチン接種することをおすすめします。
ワクチンは動物病院で行いますので、動物病院に相談しましょう。
ただしワクチンは犬にとっても異物ですので副作用が引き起こることもあります。
十分に相談の上で摂取した方が良いでしょう。

ワクチンを接種する時期としては、生まれてから8~12週間だけ機能する受動免疫が切れたタイミングで行います。
またワクチンは複数の種類を一度に摂取すればするほど副作用も多くなります。
特に副作用ではアナフィラキシーショックというアレルギー反応が一番恐ろしいです。
免疫が過剰に反応してしまい、時には命の危険にもかかわる症状です。
この症状が出たときに対処できるように、ワクチン接種後30分ぐらいは病院内や病院の近くで待機しておいた方が万が一の時のためにすぐ対処できて良いでしょう。