膵炎

膵炎の炎症による症状

膵臓から作り出す膵液によって炎症を引き起こす病気であり、急性と慢性で症状が違います。
特に急性になると強いお腹の痛みを伴うので犬はお腹を丸める姿勢をとります。
慢性では急性と似た症状が出ますが、程度は軽いです。

膵炎の原因

膵臓が出す膵液によって膵臓そのものが消化されることによって症状が引き起こされますが、原因はいくつかあります。
まず犬は食べ物を食べる度に膵液を作り出します。
そのためにドックフードを食べる度に膵臓に負担がかかり炎症になりやすいです。
また脂肪が多いエサも膵臓に負担をかけます。

その他には事故などで膵臓を傷つけたとき、激しい嘔吐で膵臓に負担をかけたときなどに症状が表れます。

膵炎の症状

急性では、発熱や食欲低下、腹痛や嘔吐に下痢に脱水や元気が無くなるなどの症状がみられます。
重症になると、呼吸困難やショック症状を引き起こし、命の危険もあります。
慢性の場合も急性と同じような症状が出ますが、程度は軽いです。

治療と予防

治療では、輸血を行うと共に鎮痛剤や抗生剤などの投与を行います。
また膵臓の活性化を抑えるために、蛋白分解酵素阻害剤という消化酵素を出すのを阻害する薬も使います。
さらには絶食や食事療法なども取り入れます。

予防としては、日頃からバランスの良い食事をさせて偏らないようにして、日頃から運動させて肥満にならないようにさせる、脂肪分の多い食事を与えないようにすることが大切です。

食事

膵炎になりそうだったりする場合には、膵臓に負担をかけない食事が大切です。
そのためには低脂肪の食事を与える必要があり、バターや油などの脂肪の多いエサは控えましょう。
また高糖分のカボチャやトウモロコシなどの野菜も避けるようにしましょう。
理想の食事としては、茹でた鶏肉やジャガイモやすりおろしたキャベツやブロッコリーなどです。

出来れば毎日飼い犬には手作りのエサを上げるのが理想的ですが、時間などの都合で難しい場合には、栄養バランスのあるドッグフードを与えましょう。
また消化が良いように、室温と同じ温度の食べ物を、少量ずつ上げるのが良いです。
犬が回復するまでは食事には手間暇をかけるようにして、犬が回復したら元の食事に戻しても構いません。

犬の消化を助けるために消化酵素のサプリメントを与えても良いです。
さらには、腸内細菌を維持するためのサプリメントや、ビタミンを補うためのビタミンCのサプリメントなど、犬の体の負担を減らすサプリメントを与えると良いです。
ビタミンCは膵臓の回復を助ける働きもあります。
実は食事で犬は普通に何もないようにエサを食べていますが、食べ物を消化するという行為は見た目以上に体に負担をかける行為なのです。