ジャパンケネルクラブ(JKC)に入会するメリットと入会方法

愛犬クラブの会員になる

JKCに入会するには、全国にある愛犬クラブの会員になると、自動的にJKCの会員になれます。
入会にかかる費用は以下の通りです。

・入会費 : 2,000円
・年会費 : 4,000円

いったんいただいたお金は、返却はされず、いかなる理由でも返却は出来ません。
愛犬のいる方はもちろん、いない方でも入会できますが、犬がいないなら特に入会する理由はないでしょう。
子供のいる家庭は、親名義でも子供名義でも入会できますが、特別理由がなければ、親名義での入会が無難です。
犬の繁殖を行うのではなければ入会する必要はないと言われていますが、興味のある方は一度内容を見てみると良いでしょう。

血統書には、その犬を繁殖した方の名前が記載されています。
しかし繁殖者名を変更し、名義変更するときには、入会が必須となるので、入会しておきましょう。
名義変更は、近くの愛犬クラブが取り扱いとなっており、血統書の発行も愛犬クラブを通じて行います。
つまりは、愛犬クラブはJKCの取扱店のような役割を持っています。

ちなみに血統書を発行するときには、繁殖者の方が、その犬に名前を付けて、名前も一緒に登録されます。
名前は一度登録すると変更は行うことが出来ません。

メリット

血統書を発行するときや、名義変更を行うときは、JCKに直接依頼するのではなく、愛犬クラブが取扱店となり、書類郵送は行います。
このときにJKCに電話して聞くと、お住まいの場所から一番近い愛犬クラブを紹介してもらえます。
ただし家族経営で行っているような愛犬クラブは、いい加減な事も多いので、訓練学校など法人経営の愛犬クラブの方が良いです。

メリットとしては、トリミングサロンや訓練所で、JCK会員だけ受けられるサービスがあります。
お店によっては、サービスを割引価格で受けることも可能です。
また有料ですが、会員証には愛犬の写真をプリントできます。
さらには入会の翌月から会報が送られてきて、これは、犬に関するイベントや記事などが掲載されています。
なかなか犬関係のイベントというと、ペットショップに行っても入手することが難しく、情報を発信しているサイトも少ないので、この会報は役に立ちます。

JKCでは血統書の発行を行っていますが、血統書がなかなか届かない、発行まで数ヶ月かかるということもあります。
そのような場合には、一度JKCに連絡し、また血統書発行を行った愛犬クラブに問い合わせて見ると良いでしょう。

血統書は偽造されることもあるので、JKCでも発行する血統書には、左上に金箔になっているマークが貼り付けられています。
また血統書に関しては、記載内容はすべて英語となっており、日本語表記ではありません。