紀州犬

日本固有の犬種として天然記念物指定の紀州犬

紀州犬は、秋田犬、甲斐犬と並んで日本固有の犬種として有名で、天然記念物に指定されています。
日本固有の種類の共通する特徴である、飼い主に忠実で従順、一方で見知らぬ人や他の犬には警戒感が強いという性格を紀州犬も持っています。
また、無駄吠えもしないので、番犬として飼うのに適していて、家庭のペットとして飼いやすい犬であると言えるでしょう。

秋田犬や柴犬に比べると紀州犬は知名度が高くなく、一般のペットショップでもそれほど多く販売されていません。
しかし、昔から多くの大名や将軍に愛されてきた犬ということもあり、その見た目や性格はとても日本的と言えるもので、日本を代表する犬であることには間違いないでしょう。

紀州犬の特徴は?

紀州犬の特徴は、日本犬の特徴である三角の立ち耳、ふさふさした巻き尻尾という点にあります。
中型から大型まで成長して、日本犬の中でも大きく成長する傾向が強い犬種と言えるでしょう。

毛はアンダーコートがしっかりとしているということもあって、ボリュームがたくさんあるように見えて、フサフサした感じが強くなっているのが特徴です。
元々紀州犬は茶色などの毛色もありましたが、現在では白一色に統一されています。
この白という毛色と、フサフサの毛のボリューム、そして柔らかな体のラインが特徴となっているため、全体的にはとても優しい印象の見た目となっています。

紀州犬は気性が荒い犬なのか?

紀州犬は、元々猟犬として誕生した犬です。
そのため、飼い主やよく知っている人には甘えることが多く、とても忠実で従順という性格を持っています。
しかし、一方では闘争本能が強く、縄張りを争うとする犬や飼い主になんらかの危害を及ぼすような人には攻撃的になりやすいという傾向もあります。

こうした面もありますが、紀州犬は決して気性が荒くて危険な犬種というわけではありません。
時々、紀州犬が人を襲って怪我をさせたというニュースが流れる事がありますが、これは紀州犬本来の性格がそうさせたのではなく、飼い主のしつけが悪かったのが原因です。
しっかりとしつけをしていれば、とても穏やかで飼い主に危害を加えようとしない限りは、襲ったり噛みついたりすることはありません。

このように、とても魅力的な見た目と性格を持った犬種ですので、紀州犬は一部でとても人気があります。
繁殖が盛んに行われているわけではありませんので、柴犬や秋田犬のようには気軽に見られる犬ではありませんが、日本犬としての素晴らしい特徴を持っていますので、ペットとして飼いたいというのであれば、じっくりと入手できるところを探してみると良いでしょう。