日本犬スピッツ

比較的新しい日本犬スピッツの歴史

日本犬スピッツは、ドイツやイタリアなどのヨーロッパから入ってきた洋犬がベースになって生まれた日本犬です。
1920年代に輸入された犬が基になって、日本独自の種類として成長してきました。
そのため、他の日本犬に比べると歴史が浅い犬種だと言えるでしょう。

第二次世界大戦の影響もあってこの日本犬スピッツの繁殖はかなり下火になってしまいましたが、種を守ろうとする熱心な愛犬家によって繁殖が細々ながら続けられ現在に至っています。
無駄吠えをするなどのイメージもあって、あまり他の犬種ほどは繁殖数は多くありませんが、安定した人気があり家庭でも室内ペットとして飼うことができるため、その人気が少しずつ上がってします。

日本犬スピッツの特徴と性格

日本犬スピッツの身体的な特徴として、体高よりも若干体長の方が長いというポイントを挙げられます。
頭部は少し大きめでピンと立ったきれいな耳が特徴的でもあります。
そして、なにより白くてきれいな長い毛が日本犬スピッツを特徴づけるものとなっていて、柔らかい体のフォルムと相まって優雅なイメージを与えます。

体高はオスで30センチから40センチ弱というところで、メスはオスよりも少し小さくなります。
脚が長めに育つということもあり、年を取ってくると関節炎や脱臼、骨折などに注意して遊ばせる必要があります。

神経質なところがある犬種というイメージが持たれていて、無駄吠えをするのでペットとしてあまり向いていないと考える人もいます。
確かに、従来の日本犬スピッツは強く無駄吠えをする傾向がありましたが、地道な選択繁殖によって無駄吠えが抑えられるようになっていて、現在では集合住宅などでも問題なく飼えるようになっています。
もちろん、しっかりとした躾と、安心出来る環境作りをすることは欠かせませんが、以前のようなデメリットを持った個体は少なくなっています。

社交的な個体が多い日本犬スピッツ

無駄吠えするイメージが強い日本犬スピッツは、見知らぬ人や他の犬とうまくやっていけないと考える人が多くいます。
しかし、実際には幼いころに、いろいろな人や犬と遊ばせることで、とても社交性の高い犬に成長します。
そのため、小さいうちはできるだけ、いろいろな人や犬と触れ合う機会を作ってあげることが重要です。

神経質な一面も持っていますが、幼いころから頻繁にいろいろなところに出させてあげると、見知らぬところに行ってもおとなしくしていて、穏やかに過ごしてくれるようになります。
また、とても賢い犬ですので、飼い主がしっかりと教えてあげればいろいろな芸も覚えますし、聞き分けの良い犬に成長してくれるでしょう。