犬と旅行に行く時に必要なしつけ

家族の一員

現在、ペットを飼っている方が急増しています。
ペットとしてではなく、家族の一員として生活を共に過ごしている方もいらっしゃるでしょう。
家族の一員だからこそ、普段の生活は勿論ですが、旅行の時にも一緒に楽しみたいものです。
そこで飼っているのが犬の場合、一緒に旅行へ連れて行く時、どのようなしつけが必要になるのでしょう。
やはり旅行先では、家族だけではなく一般の方もいらっしゃいます。
一般の方の中には、動物が苦手な人もいらっしゃるでしょう。
周囲の方に迷惑を掛けないようにする為には、必要最低限のしつけを身につけておく必要があるのです。
旅行へ行く時に必要なしつけのポイントはいくつかあります。
第一ポイントは、犬にとって旅行は楽しいものだと感じられるようにするしつけです。
旅行といえば、長距離の移動となります。
長い時間乗り物に乗るということは、犬にとっても負担が掛かったり、興奮してしまう可能性もありますから、まずは乗り物に慣れさせるしつけを行いましょう。
自動車の場合は短距離から乗せ、次第に距離を長くさせて自動車に慣れさせます。
電車の場合、ペット用のキャリーバッグに入れるので、狭い場所でも大人しくさせるようにしつけをして下さい。
また最初はキャリーバッグに入りたがらない場合、餌などで誘導することも効果的です。
犬にとって嫌な場所というイメージをつけさせては、二度と大人しくしてくれませんから、リラックスできる空間を飼い主が作り上げることも考えておきましょう。

旅行先でも失敗しないポイント

そして、旅行先で必要なしつけです。
これは、糞尿などのしつけとなります。
自宅で指定の場所にトイレが出来る犬も、旅行先では失敗をしてしまう事があるのです。
このような失敗がないように、トイレシートで糞尿を行うようにしつけます。
たとえ、場所が違っても必ずトイレシートがあるところで、糞尿を行うようにしつけをしますと、旅行先でもトイレシートさえ置けば失敗することはありません。
この二つのポイントは、周囲への配慮となりますので、必ずしつけておきたいものです。
さらに基本的なことですが、待てやお座りなどのしつけも覚えさせましょう。
旅行先では、大人しく座っていなくてはいけない場所もいくつかあります。
待て、お座りが出来ることで、旅行先でもしっかりと楽しめるのです。
人間とペットが楽しめる旅行にする為には、ペットと自分達の事だけではなく、周囲の方にも配慮する様、しつけを行います。