犬を飼う責任

飼い主の努力

コリー犬の子犬犬はとても可愛いペットで、日本でも一番の人気のペットです。
犬と一緒の生活はとても楽しく素晴らしいものではありますが、犬と楽しい生活をするためには、
相応の時間や手間やお金が必要で、犬から見るとリーダーになるので責任を持たなければなりません。
犬を飼う時には誰でも、犬との平和な暮らしを夢に描くことでしょう。
しかし、それを叶えるためには、飼い主の努力が必要なのです。

犬を飼うにはそれなりの費用がかかります。まず始めにかかる費用に、畜犬登録費用・狂犬病予防注射・健康診断費用・
混合ワクチン接種・生活用具費用がありますが、だいたい合計で小型犬で55,000円、
大型犬で65,000円程度かかります。そして、飼い始めて毎年かかる費用に、ドッグフード・おやつ・ペットシート・
おもちゃ・その他消耗品の生活費に、小型犬で90,000円、大型犬で157,000円くらいかかります。
狂犬病予防接種・混合ワクチン接種・フィラリア予防薬・ノミダニ予防薬・健康診断量の医療費に小型犬で37,000円、
大型犬で43,000円くらい毎年必要です。その他にもトリミングや、病気や怪我などの医療費、
去勢手術や避妊手術の費用も必要に応じてかかってきます。考えていたよりも意外と費用もかかってくるものです。

犬を飼うには忍耐が必要

犬を飼うにはスペースも必要です。今住んでいる住居で飼う場所があるか考えてみましょう。
また引越しや転勤の予定がある場合も考えなおす必要があるかもしれません。
犬を飼ったら毎日散歩に行って運動をさせてあげなければなりません。毎日最低でも30分以上は散歩が必要なので、
朝と晩に15分づつ分けて運動させるか、夜に30分散歩する必要があります。
そして、毎朝毎晩、食事を与えることができますか?エサは毎日同じ時間に与えが方が体調管理がしやすくなります。
尿や便の処理、ブラッシング、爪や歯や耳のお掃除、定期的なシャンプー、など色々と世話が必要です。
今まで気軽に宿泊旅行など行けていたものが、誰か他に世話をしてくれる人がいないとなかなか難しくなるでしょう。
何かと生活に制約が出てくるのも事実です。社会に迷惑をかけないようにしつけをすることも大事です。
飼い主がまずは忍耐強くなければ訓練も難しいでしょう。

こうした点をクリアできてはじめて犬を飼う資格があると言えるでしょう。こうした環境が整っていないと、
思いつきで飼ったものの、後々後悔し、手放すことも考えざるをえないかもしれません。
難しいことばかりのようですが、きちんと愛情を持って接すれば、犬は飼い主にとってかけがえのない家族になり、
生活が充実し、疲れた時には癒してくれ、家族の会話も増えたりと、とても素晴らしい生活が待っているのです。
正しい知識をもって、十分に愛情を注いであげれば、誰でも犬と豊かで素晴らしい生活を送ることができます。
犬を飼う前に、色々と情報を集めて本当にこれから15年〜20年という長い間一緒に生活をできるのかどうか
考えてみましょう。