「お座り」のしつけ

基本的なしつけの一つ

「お座り」のしつけは、犬のしつけのなかでも基本になりますので、必ず身につけさせましょう。
犬と一緒に生活する中では、犬にじっと動かないでいて欲しいという場面は多々あると思います。
お座りは、様々な場面で使うことのできる命令です。

例えば、散歩中に他の犬と遭遇した時、犬が興奮して他の犬の方に行こうとしても、お座りのしつけができていれば、
犬を落ち着かせることができます。また、散歩中に道路にボールがたまたま転がっていれば、
犬はそれをめがけて道路に飛び出してしまうかもしれません。
そういう時にも「お座り」と命令すれば、事故に遭わなくて済みます。
犬にとって、お座りは、自然な体勢の一つなので、比較的簡単に覚えることができます。

また、犬のお座りは、飼い主と犬の主従関係を明確にする意味もあるのです。
なぜなら、犬は、リーダーは高い所にいて、メンバーは低い所にいるものと認識しているので、
犬がお座りして低い所から高い所の飼い主を見上げる度に、
飼い主がリーダーであるという上下関係をさらに学習していきます。
「お座り」のしつけは、初期段階で始めるようにしましょう。

しつけ方法

犬のお座りのしつけの具体的な方法を説明します。

①犬の鼻先に好物のおやつを持っていき、手の中に好物があることを知らせます
②手を鼻先で上下に動かし、犬の頭の後方から背中の方に手を動かします
③犬は手を追いかけるので、上を向いて腰をおろしてお座りの姿勢をとります
④お座りの姿勢になったら、「お座り」と言って命令を認識させます
⑤もう片方の手で、犬の腰を押さえて「お座り」の姿勢をしばらくさせておきます上手にできたら、
  好物を与えて、たくさん褒めてあげます
⑦「OK」と解除の命令をかけます 

このトレーニングを繰り返せば、犬は腰をおろす姿勢が「お座り」なんだと認識していき、命令に従えるようになります。

手の中の好物が気になって仕方がない犬や、落ち着きのない犬で、しつけがスムーズにいかない場合には、
好物を入れた手を上に動かした時に、「お座り」と命じながら、もう一方の手でお尻を軽く押しながら座らせます。
ほんのわずかでもお尻を地面につけられたら、撫でてあげましょう。そうすることで、犬はお座りを認識していくのです。

効果的なトレーニング法

また、「お座り」のトレーニングは、エサを与えるときに行うと効果的です。
犬の前にエサを持っていき、「お座り」と命令しながら、腰を軽く押して座らせます。
上手に座ってくれたら「OK」と解除の命令を出して、エサを食べさせます。
毎日のエサの時間に、「お座り→待て→OK」のトレーニングをしながら食事をさせるようにすると、覚えやすいでしょう。

「お座り」のしつけだけに限りませんが、犬は周囲が騒がしかったり人が通ったりすると、
気が散漫してしまうので、静かで集中できる環境でトレーニングをするようにします。
最初は、ほんの少しだけ地面にお尻をつけるだけでも、すぐに褒めてあげましょう。
犬は褒められるのが大好きなので、褒められると、嬉しくて、また飼い主の命令に従おうとします。