名前を考える

愛着がわく名前

愛らしいチワワ犬を飼い始めるにあたり、まず第一の飼い主の仕事として、名前を付けることがあります。
これから15年〜20年一緒に生活をする可愛い子犬には、愛情のこもったステキな名前を付けてあげたいものです。
犬を決める前にイメージして付けている人もいれば、家に連れてきて実際見てから決める人もいるでしょう。
見てから決める場合には、その犬の特徴や印象から決めるとより愛着も沸くものです。

家族の間でもどういう名前にするか意見が分かれる事もあるかもしれませんが、
短くて分かりやすく聞き取りやすい名前が一番でしょう。犬は人間と同じように細かいところまでは
聞きとれていないそうです。犬は人間と違って、母音だけを聞きとるため、例えば「ポチ」と発音すると
犬には「オチ」と聞こえてしまうそうです。なので、色々考えて、長くて素敵な名前を付けたとしても、犬には聞き取りにくく、
なかなか自分の名前を覚えられないということになってしまうかもしれません。または、正式名は長い名前でも、
呼ぶ時には、短縮系とか愛称で呼ぶというのも方法の一つです。犬が聞き取りやすいのは、2〜4文字程度でしょう。

一番多いのが、犬の外見からイメージした名前です。全身白い犬には「シロ」、丸っこい犬には「マル」、
牛のような模様の犬には「モー」、小さい犬には「チビ」なとです。昔は、犬と言えば「ポチ」と名付ける人も
多かったですが、最近では皆お洒落な名前を付けています。飼い主の個性も出ますので、
どうせだったら素敵な名前を付けたいですね。

人気のある名前

オスかメスでも、名前の付け方は違ってくるかもしれませんが、人気の名前を紹介します。
モモ、チョコ、マロン、ハナ、サクラ、ソラ、ココ、レオ、ナナ、ミルク、コロ、ラッキー、ジョン、ラブなどがあります。
レオ、ソラ、リクは不動の人気のようです。犬の名前のランキングなども出ていますので参考にすると良いでしょう。
有名人や芸能人が飼っている犬の名前などを参考にしても良いかもしれません。

例えば、浜崎あゆみさんの犬の名前は、マロン、チョコ、プリンだそうです。
とても可愛らしい名前です。フルーツやスイーツを名前にするのも可愛らしいですが、
どちらかと言うと女の子のワンちゃん向けかもしれません。男の子だったら、漢字で付けると逞しい感じにもなります。
例えば、八代亜紀さんの愛犬(ラブラドールレトリーバー)は、“ごんた”だそうです。
また、自分の好きな芸能人や歴代の人物の名前を付ける人もいます。
例えば、キムタクが好きな人はタクヤ、嵐の松本潤が好きな人だったらモモ(「君はペット」で演じた役名にちなんで)
とかあります。歴代の人物だと、信長、秀吉、孔明、ルイ、ナポレオンなど付けている人もいます。
また、好きなアニメなどのキャラクターの名前から取っている人も多いです。
お洒落なフランス語の名前を付けても可愛いかもしれません。ラテ(ミルク)、レオン(男性に多い名前)、ランサー(疾走)、
ローラン(男性に多い名前)、ルーン(月)、ローレル(月桂樹・栄光)などがあります。