犬を飼う前に準備するグッズ

先に用意するもの

犬を飼うことが決まり、いよいよ入手となったら、家に迎え入れるために最初に次のものを準備しましょう。

犬舎・ケージ

屋外で飼う場合には、雨風をしのぎ体を休める犬小屋が必要です。室内で飼う場合にも、クレートと呼ばれる犬小屋、
またはサークルが必要となります。人間の部屋は広すぎて犬は休む時に落ち着くことができません。
犬種によって大きさを選ぶことになりますが、寝転んでも前後左右に、おすわりをした時も頭上に余裕があるくらいの
サイズを選びましょう。クレートには、プラスチッククレート、ワイヤークレート(ケージ)、メッシュクレートがあります。

サークル

サークルとは、囲いとか柵のようなもので、犬はそこで休むこともできますし、歩くこともできます。
室内で飼う場合は、サークルの中で飼えば、家の中を汚すことも、危険な物を飲み込んだりするリスクも
防ぐことができますし、トイレのしつけもし易いというメリットがあります。家族団欒の時間や、遊びの時間、
散歩の時間以外は、ケージで飼うようにすれば、犬と家族が両方安心して生活することができます。

食器、水飲み用のボトル

飼う犬が食べやすいようなタイプの食器を選びましょう。口元の長い犬だったら深い食器が適していますし、
口元が短い犬だったら浅い食器が良いでしょう。耳が垂れて長い犬には、口が小さいタイプを選ぶと、
耳が食器に入るのを防げます。材質も、ステンレスやプラスチック、陶器と様々ですが、耐久性と衛生面から見ると、
ステンレス製が一番良いようです。水をあげる際には、お皿よりボトルの方が適しています。
お皿だと毛やゴミが入ってしまいがちですし、夏場にはお皿だとガブ飲みしてしまうので
ボトルで少しづつ飲むようにした方が良いです。

トイレ道具

犬は人間のように上手に排泄できないので、少し大きめの物を選びましょう。
四隅が低くなったトレータイプのものが一般的のようです。オス犬でもメス犬でも足をあげてオシッコする子もいますので、
足を下げるのを覚えるまでは壁付のものなどを活用することがオススメです。
トイレシートも毎日使用するので用意しておきましょう。

散歩用の首輪・リード・スコップ(フンキャッチャー)

屋外で飼う場合は首輪とリードは必ず必要です。屋内で飼う場合にも散歩に行く時に必要になりますが、
しつけの時にも利用できます。また、散歩中には犬が糞をするかもしれないので、
持ち帰るためのスコップ(又は便利なフンキャッチャー)とビニール袋なども持参しましょう。

毛繕い用のブラシ・爪切り

犬は季節により毛量が変わりますし、普段から抜け毛もたくさんあるので、ブラッシングしてあげて、
いらない毛を取り除いたり毛並みを整えましょう。特にプードル系は放っておくと、毛がからんだりして大変です。
シャンプーの前にもブラッシングし、後にもブラッシングして整えてあげます。また、爪が伸び過ぎると肉球に食い込む
恐れがあるので、定期的に爪切りで切ってあげることが大切です。爪切りで切ったあとは、やすりで整えてあげましょう。