ウィペット

ウィペットについて

1700年頃のイギリスでは、森の中での狩猟はグレーハウンドを狩猟犬として使っていました。
しかし体の小さい犬だったので狩猟には向かない犬であり、この犬に代わる小回りのきく犬を育てました。
そして生まれてきたのが、ミニチュアグレイハウンドと呼ばれるウィペットでした。

画家のJ.B.オードリーの作品にはグレイハウンドが登場しますが、同時代のルイ15世の肖像画などにはすでに小型化された犬が書かれていたので、1700年代後半には、現在のウィペットの原型はすでに出来ていたと考えられています。

1800年にはいるとイギリス北部でドッグレースが盛んとなり、ウィペットはカーブが苦手のために、直線コースでレースが行われます。
楕円形のコースを必要とせず、狭い道などでも開催できたので、どこでもウィペットレースは行われ、鉱山労働者の間で人気となります。
そしてやがて人々の間に広まり、貧乏人の競走馬とまで言われます。
今でもフライボールなど脚の速さを活かせる競技ではウィペットを見かけることが出来ます。
なお名前の由来は定かではありませんが、whipped upからきているのではないかと考えられています。

そして今では優雅さとスマートな美しい体格は、人々の注目を集めて、愛犬家も増えてきました。
人気があるのでショードックとしても登場することも多いです。

外見や性格

グレイハウンドの小型バージョンと言えるウィペットは、流線型の体をしており、全体の筋肉を存分に使って伸縮させ、引き締まった四肢で素早く走ることが出来ます。
スプリンターとして一気に最高速度まで加速でき、そのスピードは他の犬たちを超越します。
全体的に毛は短く、すらりとした流線型の体格を外からそのまま覗かせます。

飼い主の支持をよく聞き従順な犬です。
献身的で物静かな犬を飼いたいと思う人には最適であり、体重も10kgほどとそれほど大きくなりません。
子供に対しても穏やかなので、家庭など子供のいる家でも飼うことが出来ます。
室内では大人しく物静かですが、外に連れて行けば思う存分遊んだり走ったりします。
精神的にも敏感な犬なので、乱暴に扱わず献身的に世話をしてあげましょう。

室内で飼うことも出来、毎日外に連れて行って長めの散歩をさせたり、走らせたりすれば屋内でも飼えます。
毛は短く頻繁に生え替わることもないので、毛の手入れは最低限でよいです。
室内で飼う場合は、寒さが苦手なので柔らかく暖かい寝床を用意してあげましょう。
寒い地域で飼うとなると寒さ対策をしないとならないので、飼うのは難しいでしょう。
ただし雪の中などでも走ったりしますが、必ずその後は体を温めて暖かい場所に連れて行きましょう。