室内飼いでも気をつけたい脱水症状について

脱水症状の原因

夏場に気をつけたいのが、ワンちゃんの脱水症状です。
室内飼いだから大丈夫……と思っている飼い主さんも多いのですが、夏場は室内の温度も上がります。
部屋の温度に注意を払うと同時に、飲み水にも配慮して脱水症状を防ぎましょう。

特に仕事などで飼い主さんが出かけ、ワンちゃんだけでお留守番をする際には、部屋の温度が高くなりやすく、飲水が不足することがあります。
室温管理と飲水の用意を忘れないように注意しましょう。

まず、脱水症状の対策をみていくまえに、脱水症状の原因について知っておきましょう。
犬は気温が高かったり運動をしたりして体温が上がると、口呼吸によって体温を下げようとします。
この口呼吸のことをパンティングといます。

人の場合は発汗し、その汗が蒸発するさいの気化熱によって体温を下げようとします。
犬の場合は口呼吸によって口の中や舌の水分を蒸発させ、このときに生じる気化熱によって体温を下げているのです。

パンティングをすると口の中の水分が蒸発するので、体内の水分が減少します。
室内の温度が上がると、パディングを長時間行いますから、水分が体内から失われ続けるのです。

飲水があれば水分が補給できますが、飲水がなければ失われた水分が補給できず口の中が乾いて、パンディングを行っても気化熱が生じません。

これが脱水症状です。

そして脱水症状を起こすと、体温を下げることができないので熱中症も発症します。

体内の水分が減少すると、血液も減少します。
血液が少なくなると、酸素や栄養が全身にいきわたりません。
このため臓器がうまく働かなくなり、最悪の場合は死に至ることがあります。

飲水がワンちゃんの生死をわけるカギとなりますから、
飲水が不足しないよう、しっかりと管理しましょう。
また、部屋を涼しく保つことも重要です。

脱水症状のサイン

グッタリする、食欲がない、血便が出る、歯茎がねばねばするなどの症状は、
脱水症状のサインです。

特に危険なのは、水を飲まそうとしても飲まず、よだれが出ている場合です。
重症のサインですから、一刻も早く病院に連れて行ってください。
生死に関わる危篤状態なので、事前に病院に電話をして、緊急に診てもらえるよう伝えておきましょう。

たとえ軽くても脱水症状のサインがあらわれたら、少しでも早く病院に連れていきましょう。
脱水症状は熱中症と同様に、悪化のスピードが速く、短時間で死亡することが多いからです。
脱水症状では点滴で水分を補給や薬による治療が行われ、入院して症状を改善させるのが一般的です。

脱水症状は生死に関わる怖い病気です。
脱水症状を防ぐために、夏場はエアコンで快適な室温に持ち、常温で新鮮な水をいつでも飲める状態にしてあげてください。