犬の尿路結石とは

犬の尿路結石ができる原因

尿路結石は人間の病気としても非常にありふれたものですが、特にここ近年では飼い犬や飼い猫で発症することが増えてきています。
年々動物病院を受診する尿路結石の犬猫は増加傾向にあるので、飼い主さんは常に罹患の危険を意識しておく必要があります。

まず尿路結石とは何かということから説明していくと、これは主に膀胱や尿道が最近に感染してしまうことによって引き起こされます。
別名「ストルバイト結石」とも言われており、体内に結晶化したマグネシウムやリン、アンモニウムが堆積していくことで強い痛みや不調症状を引き起こします。

この結晶化が起こる流れとしては、本来酸性質である動物の尿が何らかの原因によってアルカリ性に傾くことによります。
尿がアルカリ性に傾いていくと、前述したような成分がうまく溶解されなくなってしまうことから結晶化をして体内に残り続けてしまうことになります。

そこでなぜ本来酸性質な尿がアルカリ性に傾いてしまうかということですが、これは普段の食生活および生活習慣が大きく関係してきます。
逆に言うと生活習慣で十分に予防をしていくことができることになりますので、普段から症状が出ていないかをチェックするとともに飼い主さんの方できちんと管理していくようにしましょう。

尿を正常化させる方法として代表的なのが「水分をたくさんとる」「空腹になる時間を作る」「ビタミンCを積極的にとる」「良質なたんぱく質をとる」といったことです。

中でも重要なのが水分の摂取で、水を多く飲むことにより体内にたまった尿の濃度を薄くすることができ、それにより活発に尿を出すことができるようになります。

尿をするとその始末をするのは飼い主なので面倒に感じるかもしれませんが、頻繁に尿を出すことは体内の循環を促すことになりますので、結石がたまりにくくなるというメリットがあります。

次に食生活についてですが、一緒に生活をしているとついついおやつなどで常に飼い犬に食べ物を与えてしまいがちです。
しかし満腹状態が長く続くと尿が酸性からアルカリ性に傾くことがわかっていることから、きちんと毎日の食事にはメリハリをつけてあげることが重要になってきます。

尿路結石ができたらどうなるのか

飼い犬の尿路結石はどこにできたかにより症状が異なります。
主なものとして膀胱に結石ができる場合と尿道に結石が流れてしまった場合とがあり、症状が少し異なってきます。

膀胱に結石ができると非常に強い痛みを発するようになり、血尿や頻尿といった症状が出ます。
結石が膀胱から尿道に流れ出ていくと、それが狭い尿道を詰まらせてしまい血尿の原因になったりします。
完全に尿道が塞がれてしまうと尿が外に排出されなくなるので早めに対応しなければいけません。