ポインター・セターのグループ

獲物の位置を知らせる

このグループの犬は、使役犬としてハウンド犬と同じく、獲物の位置をハンターに知らせるように使われます。
ただハウンド犬とは違い、獲物を見つけたときは吠えずに、静かにハンターに知らせます。
吠えて知らせるのではなく、その場に立ち止まり動作によって、ハンターに知らせます。
特に鳥など、物音を立てると逃げてしまうような獲物に対し、静かにそっと近寄り、逃げないように知らせることが出来ます。

・アイリッシュ・セター
・イングリッシュ・セター
・イングリッシュ・ポインター
・ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ
・ワイマラナー
・ブリタニー・スパニエル
・フレンチ・スパニエル

どの犬も中型犬以上の体格の大きな犬であり、やや縦長の胴体が少し長い体格をしています。
元々野山を駆け回り、ハンターと一緒に狩りをしてきた犬なので、とても体力があります。
さらには体も多いので、力も強く、飼うならば毎日沢山の運動をさせないとなりません。
大きな体ながらも、美しい体毛を持っており、運動とブラッシングによって体毛を維持します。

獲物の知らせ方

ポインターセターは、獲物を見つけると、ハンターに仕草によって知らせます。
まずは獲物の前方で立ち止まり、姿勢を低くし、片足を上げて、独特のポーズを取り獲物がいることを知らせます。
この動作はポイントと呼ばれており、そこからポインターセターという名前が付いています。

また位置を知らせる以外にも、ハンターの合図に従い、獲物をわざと追い立てて飛び立たせ、ハンターが射撃しやすくします。
犬としての特徴は、野山で狩りをするのが毛の短い種類で、水辺で狩りをするのが毛が長い種類です。
場合によっては、ハンターがしとめた獲物を持ってくるようなこともあります。

アウトドア

ハンターと一緒に野山を駆け回るような犬なので、家庭犬として飼うとすれば、アウトドアに連れて行くと喜びます。
特にキャンプや登山など、フィールドスポーツが好きな方であれば、よきパートナーになってくれるでしょう。
アウトドアに連れて行かなくても、長い時間散歩させたり、川辺を一緒に走ったり、ドッグランに連れて行くなどすると喜び、沢山運動はさせるようにします。
大きな体格ながらも美しい外見をしており、性格は穏やかで人にも友好的です。

飼い主の指示にも従う賢い犬ですが、もちろんしつけや訓練は必要です。
しかし、物事を覚えるには時間がかかるので、根気よく教えていくようにしましょう。
興奮しやすい性格でもあり、特に小動物に対して興奮しやすく、アウトドアに連れて行くならば、注意しましょう。
散歩するときも、他の犬や猫、鳥などに注意した方が良く、興奮すると道路に飛び出す可能性もあります。