留守番上手にするには

お留守番は特別なことではなく日常の一部

何かと忙しい日々の暮らし。
ワンちゃんだけを家に残して、外出しなければならないこともあります。

ワンちゃんがおとなしくお留守番をしてくれるなら安心して出かけられますが、寂しがってトイレ以外の場所にそそうをしたり、家の中であばれたり、いたずらをしたり……などの問題行動を起こすワンちゃんもいます。
部屋が汚れるだけでなく、ケガや誤飲、誤食などの事故が起こる危険もあるので心配ですね。

このような危険を防ぐために、留守番のときにワンちゃんがくつろいで過ごせるスペースを作ってあげましょう。
ワンちゃん専用のお部屋があれば理想的ですが、日本の住宅環境では難しい場合もあります。
サークルやハウスに入れて、その中に水やおもちゃ、トイレを設置し、お留守番のときはそこで過ごさせましょう。

お留守番のときにいきなりサークルやハウスに入れるとびっくりしますから、ふだんから慣れさせておくことがポイントです。

お留守番がうまくできないワンちゃんには、訓練が必要です。
そのための第一歩は、お留守番は特別なことではなく、日常のあたりまえの出来事であると理解させることです。

くれぐれも、いきなり長時間のお留守番をさせないようにしましょう。
まずは5分程度、家の外に出てください。

これを繰り返して、一人で過ごすことに慣れさせます。
そして外出時間を5分から10分、10分から15分……と徐々に長くしていきましょう。
これによってワンちゃんは、飼い主さんは出かけても、必ず帰ってくるということを学んでいきます。

このときに注意するべきポイントは、バタバタと外出の準備をしたり、行ってくるからね!などの声掛けをしないことです。

ふだんの何げない行動であるとわからせるために、黙って自然体で出かけましょう。
帰宅時もただいま~、お留守番して偉かったね~などの声を掛けたり、ご褒美になでたりするのは禁物です。
黙って帰宅し、その後しばらくはあまり構わないようにしましょう。

一人遊びで一匹で過ごす時間に慣れさせる

お留守番を上手にできるワンちゃんは、一人遊びが上手です。
ふだんから一人遊びをさせる、一人でいる状態に慣れさせることも、お留守番上手の条件となります。

ワンちゃんを溺愛して、常に一緒に行動している飼い主さんもいますが、このようなケースではお留守番のときにワンちゃんは、飼い主さんから離れることに大きな不安を感じます。
飼い主さんが家にいるときでもおもちゃを与えるなどして、一人遊びの楽しさを覚えさせましょう。

ワンちゃんと別の部屋で過ごすなど、犬と離れて過ごす時間を作るのも有効なトレーニングです。

飼い主さんの姿が見えなくなると、寂しくなって吠えることもあります。
しかし吠えたからといって、すぐに戻って慰めてあげるのは禁物です。
吠えると飼い主さんがそばに来てくれることを覚えて、一人になると吠えるようになるからです。

犬が鳴き止んでから姿をみせて、しっかりと褒めてあげましょう。
そしてご褒美におやつをあげてください。

また、サークルやハウスに入れて、犬が一人遊びをしているときに部屋を出るのもおすすめです。
この方法は、一人の時間を楽しむことを学ぶのにもおすすめの方法です。
お留守番は、お気に入りのおもちゃで遊ぶ楽しいひと時であることを理解すれば、上手にお留守番ができるようになります。