愛犬がじーっと見つめてきたら

愛犬がじーっと見つめてくるのはなぜ?

愛犬がこちらをじーっと見つめてきたら、そのいじらしい様子に胸がキュンとしてしまいます。

犬はなぜ飼い主をじっと見つめるのでしょうか。
また、じっと見つめたあと急に目をそらすこともあります。
何か原因があるのでしょうか。

犬がこちらを見つめる理由の1つに、自分の気持ちを伝えようとしていることが挙げられます。

言葉で気持ちを伝えらませんから、目で何かを伝えようとしているのです。
目は口ほどにものを言うという諺は、ワンちゃんにこそぴったりなのかもしれませんね。

ワンちゃんが伝えたいと思う内容を正しく受け止られれば、良好なコミュニケーションが可能になります。
犬が見つめてきたら、何を伝えようとしているのか考えてみましょう。

犬の目がおだやかな場合は、飼い主への信頼や愛情を表現していると考えてよいでしょう。
犬同士の場合、見つめ合うのは威嚇や敵意の表現です。
しかし飼い主と犬の場合は異なります。
同じ家族として信頼関係や愛情の表現として見つめているのです。

とはいえ、威嚇や敵意の表現であることもあります。
このような場合は視線をはずさずに低く唸る、歯を見せるなどの威嚇行動があります。
飼われたばかりで環境になれず、警戒しているなどの理由でこのような行動をとることがあります。
このほかにも嫌なことをされたり、病気やケガで痛い場所をさわれたり、好きなものを取り上げられたりとさまざまな理由で敵意を表すことがあります。

このような場合は、こちらから視線をはずしましょう。
これは自分には敵意がないことを示す合図です。
そして目をそらしながらやさしい声で呼びかけ、自分が敵ではないことを伝えましょう。

じっと見つめたあとに目をそらすのはなぜ?

犬がこちらを見つめていることに気づいて、目線を合わせようとすると、ぷいっと横を向いて目をそらすこともあります。
先ほども説明しましたが、これは、敵意はありませんよという合図です。
自分は敵意がなく、敬意を払っていることを示しています。

このほか自分にとって都合がわるいことが起こる、苦手なことをしなければならないといったときにも、目をそらす場合があります。
これは、聞こえなかったことにしたい、見なかったことにしたいという気持ちを表しています。

じっと見つめられたときに注意すること

犬は信頼や敵意意外にも、視線でさまざまな要求を訴えます。
お腹が空いたとご飯を要求することもあれば、お散歩に行きたい、遊んでほしいなどとおねだりすることもあります。
しっぽを振る、口をはあはあと呼吸しながら近寄ってみつめてくるといったときは、このような欲求を伝えていることが多いのです。

じっと見つめる目があまりにもかわいくて、おねだりに応えていると、甘やかしの原因になるので要注意です。

しっぽを振りながら見つめていれば散歩につれていってくれる、おやつがもらえると学習します。
その結果、じっと見つめているのに要求に応えてもらえないと、吠えるなど問題行動を起こして不満を表すこともあります。
甘やかしすぎてわがままな子にならないよう、ブレーキをかけることが大切です。