犬が出すストレスサインについて

ストレスサインを見逃さないで

人間と同様に犬もストレスを感じます。
不快な環境、肉体的・精神的な苦痛、空腹、喉の渇きなどさまざまなストレス要因がありますが、飼い主の行動や対応がストレスの原因になっていることも多いのです。

自分にとって嫌なことをされると、犬はストレスを感じてやめてほしいとサインを送ります。
犬はしゃべれないので、行動などでサインを送ってきますが、そのサインに気づかないことがあります。
またサインに気づいていても、たいしたことはないだろうと放っている飼い主さんも少なくありません。

犬はストレスを感じると震える、身体が固くなる、尻尾が下がる、尻尾を後ろ足の間に入れるなどのサインを出します。
これらは主に恐怖を感じたときのサインですが、その気持が強くなるとあくびをする、体を掻く、体を舐める、ハァハァと口呼吸をする、体をブルブルッと振る、舌で口のまわりを舐めるなどの行動をとります。
また、同じ場所を行ったり来たりする、自分の尻尾を追いかけるなど一つの行為を繰り返すこともあります。

さらには食欲不振や過剰な食欲、下痢、嘔吐、抜け毛、フケなどの体の症状として現れる場合もあります。

犬が嫌がったときの対処法

犬にとって嫌なことだとわかっているけれど、必要なことだからと無理やり行っていることはありせんか。
犬が嫌がったときに、これは嫌なことではないんだよと教えてストレスを和らげてあげましょう。

もしストレスサインに気づかずに、犬が嫌がることを続けていたら、問題行動をおこす危険があります。
よくある例が吠える、噛み付くなどの攻撃行動です。
たとえば散歩から変えると足を拭いてきれいにする必要があります。
またうんちの後ではお尻を拭きます。
しかし足の先やおしりは、犬にとって敏感な部分なので、触られるのを嫌がる犬が多いのです。

犬の性格にもよりますが、散歩後の足拭きに大きなストレスを感じているかもしれません。
ストレスサインが出ていないか確認しましょう。

足拭きやおしり拭きは必要なことだからと、ストレスサインを無視すると、ストレスが溜まって威嚇などの攻撃をするようになるかもしれません。
震える、あくびをするなどのストレスサインが出たら、おやつをあげて褒めながら拭いてあげましょう。
おやつと褒めるというご褒美をあげることで、嫌な気持ちを和らげてあげることがポイントです。

犬のストレスに対処するためには、ストレスの原因を知り、その原因を取り除く必要があります。
また、犬が嫌がることであっても必要なことであれば、褒めたりおやつを上げたりしながら少しずつ慣れさせましょう。

自分度は気づかずにストレスを与えていることも多いいですから、ドッグトレーナーなど第三者にチェックしてもらったり、アドバイスを受けたりするのもおすすめです。